Google Ads

2010年4月23日金曜日

FXについて... その他ギャンブルとの控除率比較

短期的な投機行動、デイトレードやスキャルピングを、仮にギャンブルの一種として他と比較すると、非常に控除率の低い(ほぼ無いに等しい)ものであるといえます。

株式市場も含め、パチンコ、競馬、ネットカジノ、宝くじ、非合法なものに至るまで、すべての博打(バクチ)は、長くやればやるほど、そのバクチの持っている勝率に収束するようにできています。
⇒ この大数の法則 からは逃れられないもの。

【ルーレット】
赤か黒に賭けるのであれば50%の勝率と思いきや、緑の0と00が存在している分、ディーラー有利となっている。
【ブラックジャック】
ゲーム自体、親が有利なように設定されている。

このわずかにプレイヤーが不利になっている率を控除率といいます。(意外にパチンコなどは3%と低く、逆に宝くじは45%と非常に大きい)
やればやるほど、個々人のバラツキはあるものの、控除率の直線に収束し、時間が経てば破産するようにできているらしい。

比して、現在(2009年)のFXトレーダーに提示される環境は、もちろん控除率(=手数料、スプレッド)はゼロではないが、値動きのグラフ(チャート)があることと、イカサマが不可能なことからも、最も効率のいいバクチと言えるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿