Google Ads

2016年3月17日木曜日

EAのロジックがわかったところで...

そのEAのロジック(≒売買ルール、ベッティングルール、その両方)が理解できたとしても、 そのロジックが利益をもたらしてくれるのかどうかは、 どれほど賢い人間であろうとも、 頭で考えて答えが出るようなものではありません。 アタリをつけることすら困難なのではないでしょうか。 なぜなら相場の値動きは、数学的に完璧なものではないにしても、 ほぼランダム・ウォークだからです。 仮にご自身の経験の中でワークした売買ルールがあったとしても、 短期間のソレでは、エッヂを見つけたことにはなりません。 早晩五分に戻されるような相場に見舞われるからです。 (右肩上がりを演出したEAも同じ) ほぼランダム・ウォークである為替相場のエッヂを見つける唯一の方法は、 ある程度長期間の相場、あるいは統計的に十分なトレード数に照らし合わせた、 バックテストによる評価だけなのです。 ちなみにW2C-Dixie(http://w2c-dixie.com/download/StrategyTester_Dixi100_20050101-20140425.htm)は、 2005.01.01 - 2014.04.27 の9年間、4489回のトレードにより、 $10,000 の口座残高は、 $236,618 の勝ちと、 $188,095 の負けを積み上げ、 $48,523 の利益を出しました。 この結果は、$10,000 が6倍に殖えたことを意味しますが、 そのためには、19倍弱の負けを計上する必要がありました。 これがトレードで利益をあげる方法なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿